エポキシEpoxy.com  ブレニー技研ホームページ  ■■ アルミ船の溶接修理 ■■

  Namazu

  Google

サイト内検索(blenny.co.jp) 掲示板(otd)サイト内検索



アルミ製ポートの溶接部分・・ピンホール、穴埋め。金属接着補修剤を使用しての修理。

アルミ溶接せず、加熱処理したとしても・・60℃程度の低温ですので

アルミの変質もなく・・溶接ピンホール・・水漏れ・浸水防止・・簡単に出来ます。

電蝕防止&サビ止めもOK。

リンクをクリックすると、ページ内の該当するセクションにスクロールします。

 GM-8300のTOP頁へ

どこで売っている? 値段は? カタログ資料は? 使った時の動画事例 使用事例 


アルミ製ボートのピンホール溶接修理を接着補修剤で簡単に肉盛り水漏れ修理--記録写真
アルミ製ボート溶接補修修理の写真記録
アルミの接着肉盛り・溶接補強&修理
GM-8300は、アルミタイプの耐熱強力接着パテです。



・・下記、3点が・・耐久性のポイントとなります・・
(特にガソリンタンクの修理などは)
1.施工箇所の汚れを良く取り、ヤスリなどで・・荒らす

2.肉盛りは、最初、・・なすり込むように塗布し、その後、肉盛りする

3.常温硬化後、60℃-3時間以上程度の加熱処理をする

補修施工のポイントは、配合比を正確に、所定・・100/10・・にて実施することが耐久性・耐薬品性・耐ガソリン性・耐水性などの確保となります。

キッチン用の3000円程度の1グラムが計れる電子天秤を使う。または、付属の
KK-プレートを使う。

溶接部の肉盛り補修拡大写真-アルミ溶接をしないで、肉盛り修理-接着肉盛り補修剤を使用して


加熱処理の方法は・・・こんなことでもOKです。

http://www.blenny.co.jp/gm_8300ex_maf_bg_2p54.htm
http://www.blenny.co.jp/gm_8300ex_maf_bg_3p61.htm

http://www.blenny.co.jp/gm_9002_r57_top.htm
http://www.blenny.co.jp/gm_9002_r57_2.htm

http://www.blenny.co.jp/gm_9003_10x_wp/index.htm

http://www.blenny.co.jp/new_pdgm9002/pc_1_680.htm
http://www.blenny.co.jp/new_pdgm9002/pc_10_680.htm

http://www.sannet.ne.jp/blenny/q5_answer0306.htm

他、参考頁

http://www.blenny.co.jp/gm8300_mono020416.htm

 

 

 

溶接部のピンホール巣埋め補修
使用事例 No.1へ戻る




次世代型接着補修剤・・GM-8300のトップ頁へ


リンクをクリックすると、ページ内の該当するセクションにスクロールします。

 GM-8300のTOP頁へ

どこで売っている? 値段は? カタログ資料は? 使った時の動画事例 使用事例 





店頭販売は・・東急ハンズ各店・・素材コーナーまたは接着剤コーナー、自動車工具専門店・・全国・アストロプロダクツ   


Copyright(C) Blenny Giken Ltd.Y-ABE All rights reserved.

2008年11月17日〜アルミ船・クルーザーの溶接ピンホール修理
  

今日
昨日

はてな2008.3.12〜