ブレニー技研ホームページ  ■■ 固まらない・・・何でなの?・・NG特集 ■■


うっ!・・いきなり・・・NG大賞もの?です
真空脱泡したのに・・・!!

使用材料・・・GM-9002
+クリアーレッド+アクアバイオレット着色

原因・・

 湯口、湯だまり部分の硬化が・・早すぎて・・製品部分が減圧されない状態で、硬化してしまった。
 また、真空状態で・・・使用時間を過ぎても・・そのまま脱泡をつづけていると、この状態となります。
 「GM-9002は・・・きわめて、脱泡性能のいい材料です減圧状態の沸騰と間違えないようにしましょう。」

対策・・

 発熱したと判ったら・・ティッシュTIME!!!・・・
 
 ティッシュを投げ入れ、大至急、GM-9002除去・・・ティッシュにしみ込ませて・・取り出す。
 もっと・・・肉厚・・・うすく&うすく・・・2〜3ミリキープ!!!


湯だまり、ゲート側にGM-9002の量が

多いと、15分程度で、150℃を越える

反応発熱を出し、発泡状態(沸騰状態)

のまま、固まってしまいます。




真空脱泡しても、製品部より先に、湯だまり部分が
早すぎて固まってしまうと、中の気泡は大きいままの
状態の製品となってしまいます。







湯口・湯だまり部分が、固まってしまえば
キャビティー内の気泡は、減圧状態の大きいままと
なってしまいます。混合後の可使時間と温度にも
注意が必要です。







Copyright(C) Blenny Giken Ltd.Y-ABE All rights reserved



 

今日
昨日

はてな2008.3.10〜